治療効果があやふやな医療行為

治療効果があやふやな医療行為に対してすがらない

重い病気になってしまったら、まさに藁にもすがる気持ちで治療する手段を患者は模索します。
やはり自分の命は何よりも大事ですから、どんな手段でも良いから治療しなければならないと、健康になれるよう最大限の努力をします。

 

医療機関である病院に勤める医師もそれはもちろん同じ気持ちで、仕事としての責務という意味でも、治療する手段を一生懸命考えてくれます。
しかし、それでもすべての病気に対して有効な治療方法が見つかっているわけではありません。

 

ですから、医師がどれだけ手を尽くそうとしても、なす術がないという非情な場合があります。
そんなとき、患者の心理としては「たとえ1%でも望みがあれば、その望みにかけたい」と考えるのが普通です。

 

ただ、有効かどうかわからない治療方法を実際に試みるには、多くのものを犠牲にしなければならないことをきちんと理解しておくべきです。
まず、治療をするには安くない費用がかかります。クラミジア症状

 

医療はタダで受けられるものではありませんので、大事なお金を効くかどうかわからない治療方法に注ぐことになります。
また、病院へ行って医療行為を受けるにはそれなりに時間がかかります。

 

半日で済めばまだ早いほうで、一日がかりになることも決して珍しくなく、そうなると体力的にも精神的にも疲弊していきます。
さらに、効くかどうかわからない薬を処方したりすると、副作用が体に出るおそれがあります。

 

その副作用が出るリスクをおかしてまで、効くかどうかわからない治療をする必要は本当にあるのでしょうか?
健康になることは人間が持っているとても根源的な感情ですので、医師が匙を投げた病気でもあきらめきれない気持ちはわかります。

 

しかし、有効でないとされている治療法をとりあえず試してみることは、決して良いこととは言い切れないです。
何でもやってみなければわからないのは事実なのですが、医療行為の場合それを実践することはあまりにも大きなリスクがあります。バイアグラ効果

 

それならば、確実に有効だとされている治療法を世界中から探すほうがまだ望みがあります。
ですから、治療効果があやふやな医療行為に対してすがることは決して正しい選択とは言えないのです。

15年前のこと、大阪市内の有名な商店街を仕事中に歩いているとき、その発作は来ました。
頭蓋骨を、金ダワシでガシガシと擦られているような、未経験な激しい痛みを後頭部に感じました。

 

私の脳裏に、39歳で脳卒中で急死した父のことがよぎりました。
あの日、父は会議中に強い頭痛と吐き気に見舞われ、意識不明になり、そして、居合わせた人たちの手で最寄りの病院に「担ぎ込まれ」てしまいました。

 

誰も、脳内出血が起きているなどとは想像もせず、他人の手で運ばれた父は、翌日未明、帰らぬ人となりました。
この痛みは、もしかすると父と同じ脳内出血ではないか?だとすると、このまま路上にうずくまったりして、
通行人たちに乱暴に運ばれるような事態になれば、父の二の舞だ。

 

とっさにそう判断した私は、首から上をできるだけ固定した状態で、ちょうどお能の足運びのような感じで、そおっと歩いて、近くの薬局に向かいました。
薬局の薬剤師さんなら、この状況を説明すれば、適切な対応策を助言してくれるかもしれない。そう考えたのです。ED治療薬レビトラ

 

なんとか、小さな保険調剤薬局に辿り着き、私はカウンターの中の白衣の人物に言いました。
「頭がすごく痛いんですが・・・」

 

彼はただ、「はあ?」と、訝しむように答えただけでした。一刻を争うときでした。この応対は私を失望させました。仕方なく、
「何か頭痛薬をください」と、言いました。

 

「どれがいいですかね?」
「なんでもいいですが、・・・バッファリンをください」

 

彼は、まったく事態を飲み込めていないようで、薬の箱を紙袋に入れて出そうとするのです。
「いま飲みますから、そのままでけっこうです。できればお水をいただけませんか?」

 

それを聴いて、その薬剤師さんも少しだけ状態が実感できたようで、小さな紙コップに水を汲んで渡してくれました。
バッファリンの錠剤を2錠、その場で服用して、私はそのまま同じように「お能の足取り」で自宅まで帰りました。

 

痛みはまだ続いていましたが、自営業を自宅開業して2年目、これまでにない忙しさを経験している最中でした。
病院になど行っていられない。そういう思いがありました。

 

帰宅後、仕事机に向かって書き物をしようとしましたが、痛みと視野狭窄で、とてもそれはできませんでした。
布団を敷いて、少し休むことにしました。ほどなく眠りにつき、バッファリンがよく効いたようで、私は13時間も眠りました。

 

そして目覚めたとき、痛みはスッキリと取れていました。
1週間後、同じような痛みが再発しました。そして、こんどは身動きもできませんでした。

 

救急車で運ばれ、脳外科の専門病院で、「くも膜下出血」と診断されました。
検査の結果、動脈瘤の破裂箇所が2か所にできていて、そのうちのひとつは、一度破れてから自力でつぼんでいたそうです。ed治療薬ジェネリック比較

 

これが最初の発作の時の患部だと思われます。
バッファリンが効いたのと同時に、たまたま体内の自然治癒力が総動員で発動して、出血部位を治していました。

 

頭痛薬による対症療法が、いかに恐ろしいかを切実に感じた出来事でした。

病気、特にガンに関しては、病名を告知するか?しないか?ということが、医療現場において常に医師の課題となります。
患者にしても「告知をして下さい」と言う人もいれば「告知をしないで下さい」と言う人もいます。

 

また、家族でも賛否両論分かれてしまうところで、告知に関しては誰もが非常に神経を遣います。
そもそも、ガンの告知と言ってもいろいろあります。それは、治る可能性の高いガンと低いガンです。

 

治る可能性の高いガンならば、患者は治すことに対してとても前向きになります。
それは、やはり治るという可能性がはっきりと見えてるからです。

 

その場合は告知されたとしても、辛い病気になってしまったが一生懸命立ち向かっていこうと、文字通り命がけで病気を治そうとします。
しかし、治る可能性の低いガンを告知してしまうと、あまりにもショックが大きくてもう治そうという気持ちがなくなってしまいます。うつ病薬

 

それならば、告知をしないほうが良いのではないか?と考えられます。
ただ、ガンというのは非常に絶大な影響力のある病気で、治る可能性が高くても「ガンなんだ」ということで神経を病んでしまう場合があります。

 

ですから、やはり告知に関しては最大限配慮しなければならないのです。
それは、ただ単に意味通りの告知としてだけではなく、告知したとき、しなかったときの患者の精神についても、
医師は冷静に判断をしていかなければならないのです。

 

病名を告知するかしないか1つとってもそれが患者の命運を左右しますので、やはり医療というのは重大な責任があるとわかります。
そして、それは患者の健康を司る立場にあるということの証明でもあります。

 

ただ、たとえ告知しなかったとしても、どんな薬を投薬しているかということだったり、周りの患者がガンだと教えてしまうケースがあったり、家族が耐え切れなくなって教えてしまったりなど、患者に知られてしまうことがやはりありますから、完全に隠し切るのはやはり難しいのかもしれません。アフターピル値段

 

また、ガンを劇的に治す治療薬はありませんので、結局薬にはそこまで頼れないのです。
ですので、ガンの告知をどうするかは、医療現場においてとても重大な決断になります。

冷静になって考えてみればわかることなのですが、医療行為、特に手術などは、決して1人の医師がすべてを執り行っているわけではありません。
どんなに優れた医師でも、同時にすべての医療行為を進行させているわけではないのです。

 

テレビ番組などのマスコミでは、よく「奇跡の名医」という形で外科医が紹介されますが、そんな奇跡の名医とて周りのスタッフがサポート
しているからこそ実力が発揮できるのです。

 

ですから、たとえそういった形で医師が取り上げられていたとしても、それはあくまでその医師を中心としたチームによって成果が上がっている
ということをしっかりと理解しておかなければならないのです。

 

また、そうしてマスコミが紹介しなくても、普通に生活していれば「あの先生は腕が良い」とか「診てもらったら一発で治った」など、
さまざまな評判がクチコミで耳に入ってきます。トリキュラー28

 

健康のことは誰でもその関心が深いですから、真剣に聞き耳を立てる人も多いはずです。
しかし、一個人だけで成り立つ医療はほとんどないということを知っておくべきです。

 

そうすれば、ちょっと怪しげなクチコミにも躍らされることがありませんし、医師個人だけではなく、チームとして医療スタッフをとらえられるようになります。
そうすることで患者自身も医師だけに責任を負わすような考え方はしなくなりますし、一個人の医師がスーパーマンではないのだという
現実を受け入れることができます。

 

また、同じように病気がたちどころに治る薬というのもそうはありません。
症状の緩和を目的とした薬は多いですが、それ以上に効き目抜群の薬となると、グッとその数は少なくなるはずです。

 

ですから、病気になっていくら早く健康になりたいといっても、何でもかんでも対応できるような凄い医師はそうそう存在しないということです。
ですから、そうして医師だけにスポットを当てるのではなく、あくまでチームとして医療をとらえ、もっと大きな視野で考えていくことがとても大事です。ピル副作用

 

ですので、これからおそうした考え方を忘れずに、医療とは向き合っていきたいと私は思っています。

私は、数年前に足に重たさを感じる原因不明の病気になってしまったことがありました。
どういうわけか左足にあまり力が入らず、歩くのが不自由になってしまったのです。

 

病院で診察をして検査をすれば当然何が原因なのかわかるだろうと、なった当初はまだ楽観視していたのですが、検査結果はまったくの正常を示しており、
その病気がどうして起こっているのかがわかりませんでした。

 

その後、病院を転々とめぐったのですが、どこを診察しても結果は同じで、私は途方に暮れました。それでも症状が出ているのですから、困ったものです。
そのときの私は明らかに健康ではなく、また医療機関に対しても不信感が募りました。

 

また、きちんとした原因が特定されていないので、もちろん薬を処方されることもなく、にっちもさっちもいかない状態でした。
そこで、私は公的な医療機関で診察することをやめ、民間療法に頼ることにしました。

 

それは、街中にある整骨院、鍼灸院、マッサージなどです。
これらには職場の同僚など他人から紹介された医院もあれば、自分で評判を聞きつけて通ったところもあります。アフターピル値段

 

厳密に言えばそれは医療とは異なるものなのかもしれませんが、何もせずに手をこまねいているよりかはいいだろうと考えたのです。
しかし、それでも大して私の症状は改善されませんでした。以前としてずっと足に重たさを感じていたのです。

 

そんな状態が半年から1年あまり続きました。
現代医療はかなり進歩しているという話をマスコミなどからよく耳にしていたのですが、それでも治せないことがあるのだと、
私は健康面の不安がかなり強くなりました。

 

また、ダメ元で市販の薬で対処しようにも、どの薬が良いのかがわかりませんでした。
それからしばらくして結局矯正サポーターをつけて少しずつ機能を回復させるという手段により、今ではだいぶ症状が改善されました。

 

最初に受診した整形外科では「精神的なストレスで足が不自由になることもある」と言われていたのですが、もしかしたらそうだったのかもしれません。
ですので、このときは健康や医療や薬についてとても考えさせられた時期でした。